忍者ブログ
ほにゃらと生きる私の育児日記。
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
(11/01)
(10/30)
(10/29)
(10/24)
(10/21)
最新コメント
[10/31 しのりん]
[10/30 もてぃこワイフ]
[10/21 しのりん]
[10/21 もてぃこワイフ]
[09/30 しのりん]
プロフィール
HN:
しのりん
性別:
女性
自己紹介:
2009年3月に男児を出産。
手探りながらも育児を満喫中です。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
1 2 3 4 5 6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

入院生活に舞い戻りました(´・ω・`)

若干、気持ちがやさぐれています。
PR
ここのところ、お腹が張りやすくなった気がします。
薬(リトドリン錠)飲んでいるんだけどなー。

今日は、張りと共に生理痛に似た痛みが襲ってきて、
まさか前駆陣痛!?とちょっと焦りました。

明日で10ヶ月突入。
36週になったら生まれても大丈夫と言われているけど、
たぶん、まだ2500グラムに達していないし、
ベビー用品の準備も終わってないし、
何より、名前もまだだしっ!!

もうちょっとでいいので、水玉さんお腹の中にいてください。
動けるようになったら、落ちた体力と筋力を出来るだけ戻すように頑張るからさっ!

関係ないですが、このブログのPCから見たテンプレート
なんか、可愛らしすぎますよね(笑)自分でもちょっと恥ずかしい!
日記、書きすぎでごめんなさい。
ふと、思い出して、どうしても書かずにはいられなかったので。

入院していた時の話なのですが、
私が出産予定の病院は個人病院で、2階には新生児室(ガラスばりでほぼ毎日通っていました)
ナースステーション、そして、奥には陣痛室と分娩室があります。

母と二人でガラスに張りつくように新生児を見ていたときのこと。
25才前後と思われるくらいの女性が奥から歩いてきました。
病院指定のピンクのパジャマにダウンジャケットを羽織って、
何かが入っていると思われる、スーパーの袋を片手に1階に降りていきました。

奥にあるのは陣痛室と、分娩室。
初めは出産が終わって、家族に連絡しにいったのかな?って思ったのですが、
出産後の人があんなにスタスタと、しかも一人で歩くはずがないし
陣痛室には本格的な陣痛が来ている人しか入れないはずだから
(母親学級で本格的な陣痛じゃない場合は帰ってもらいます。と言われているのです)
陣痛の合間の痛くないときなのか、帝王切開の予定なのかもね。
それで、一階に飲み物でも買いに行ったのかもねー。
と勝手に二人で結論付けたのですが。

次の日、お見舞いに来てくれた母の話によると、
その女性は、寒い中、駐車場の車の陰で、タバコを吸っていたそうです。
よくみると、お腹が膨らんでいるし、確実に妊婦さんだったみたいで・・・

わたし、非喫煙者なのでわからないのですが、タバコってそんなに我慢できないものなんですかね?
陣痛室にいるってことは、どんなに遅くても1日か2日まてば、ベビちゃんを出産できて、
タバコを吸うことは可能なんでしょ?(それとも授乳期間はダメとかあるのかなぁ?)
そんなに、我慢できないくらいなのかなぁ・・・。

わたし、お酒が大好きなのですが、妊娠してから全然飲んでないし。
チョコも板チョコ丸かじりするくらい大好きだけど、体重増加が怖いから控えているし。
コーヒーも本当にたまにしか飲まないようにしています。
でもそれって、別に私に限らず、妊婦さんや育児をしている人はみんな、
行動だったり、食べ物だったり、飲みもの、美容、いろんなものを我慢していると思うの。

ストレスを溜めすぎるのもよくないとはいうけどさー、
陣痛室に入るくらいになったんだったら、もうちょっとなんだし、我慢しようよー!
と、見ず知らずの人なんだけど、すごい悲しくなりました。

お腹の中にいたベビちゃんに、何の影響もなかったことを祈ります・・・。
相変わらず、名前を考えているのですが、コレっていうのがなくて。
絶対に譲れない名前が浮かぶといいんですけどねー。
わたしも、出産の時に名前が降りてこないかなと思ってます。
でも、降りてこなかったときのために、考えなきゃ・・・。

そして、名前どころか、水玉さん用品をほとんど用意できていない私ですが、
母がベビー組布団を買ってきてくれました。
母には、ちゃんとした綿の布団じゃないとダメ!ってこだわりがあるみたいです。
ちゃんとしていない、綿の布団ってあるんですかね?知らないけど。

それと、羽毛だと軽いので赤ちゃんの顔にかぶさって、窒息させそうで怖いらしいです。
根拠のない不安らしいですが、私にこだわりがないので、綿でもなんでもーって感じです。

あとあと、ビックリしたのですが。
私が産まれた時に、叔母が出産祝いとして、組布団を作ってプレゼントしてくれたのですが、
母が、掛け布団のほうを未だに持っていてビックリしました!
敷布団はおしっことか、汗とかでシミが出来てしまって捨ててしまったのですが。
掛け布団は捨てられずに、そのまま持っていたそうです。
キレイなままで、どれだけ物持ちが良いんだ!と感心してしまいました。

みて見たら、なんか、見覚えがある柄。
たぶん、妹も使ったので、それの記憶が残っているんだと思います。

その掛け布団は布団屋さんに持って行って、綿を打ち直してもらい、
カバーも新しく作ってもらい、敷布団に生まれ変わる予定です。
そのまま掛け布団として使っても良かったのだけど、母のこだわりがあるらしく。
好きなようにしてもらえばいいかなーと思ってます。

ちなみに、そのことを叔母に報告したら、驚いてました!ですよねー。

義母は水玉さんのために、寝巻きを作ってくださっているらしく、
とても、ありがたいです。どんな柄なのか、若干気になりますが(笑)
咲太郎と字は違いますが、
セカチューの主人公の男の子の名前がサクタロウらしいです。

朔太郎くんで、サクですって。

だから、なんだって話なのですが(笑)
妹が教えてくれたので!

ちなみに、妹が切々と語るには、字画が多いと習字の時にしても、
何にしても、名前を書くのが面倒らしいです。
そんな、妹の名前の総画数は60画!確かに多い・・・。

旧姓と、今の名字の画数の差が1しかないので、
やっぱり、3文字の名前は可哀想なのかな・・・。

名字だけで27画もあるんだもん。簡単な字のほうがいいのかなぁ。
なやむぅぅぅ・・・!!!

Copyright © 苺大福物語 All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog
忍者ブログ・[PR]