忍者ブログ
ほにゃらと生きる私の育児日記。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
(11/01)
(10/30)
(10/29)
(10/24)
(10/21)
最新コメント
[10/31 しのりん]
[10/30 もてぃこワイフ]
[10/21 しのりん]
[10/21 もてぃこワイフ]
[09/30 しのりん]
プロフィール
HN:
しのりん
性別:
女性
自己紹介:
2009年3月に男児を出産。
手探りながらも育児を満喫中です。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



相変わらず、名前を考えているのですが、コレっていうのがなくて。
絶対に譲れない名前が浮かぶといいんですけどねー。
わたしも、出産の時に名前が降りてこないかなと思ってます。
でも、降りてこなかったときのために、考えなきゃ・・・。

そして、名前どころか、水玉さん用品をほとんど用意できていない私ですが、
母がベビー組布団を買ってきてくれました。
母には、ちゃんとした綿の布団じゃないとダメ!ってこだわりがあるみたいです。
ちゃんとしていない、綿の布団ってあるんですかね?知らないけど。

それと、羽毛だと軽いので赤ちゃんの顔にかぶさって、窒息させそうで怖いらしいです。
根拠のない不安らしいですが、私にこだわりがないので、綿でもなんでもーって感じです。

あとあと、ビックリしたのですが。
私が産まれた時に、叔母が出産祝いとして、組布団を作ってプレゼントしてくれたのですが、
母が、掛け布団のほうを未だに持っていてビックリしました!
敷布団はおしっことか、汗とかでシミが出来てしまって捨ててしまったのですが。
掛け布団は捨てられずに、そのまま持っていたそうです。
キレイなままで、どれだけ物持ちが良いんだ!と感心してしまいました。

みて見たら、なんか、見覚えがある柄。
たぶん、妹も使ったので、それの記憶が残っているんだと思います。

その掛け布団は布団屋さんに持って行って、綿を打ち直してもらい、
カバーも新しく作ってもらい、敷布団に生まれ変わる予定です。
そのまま掛け布団として使っても良かったのだけど、母のこだわりがあるらしく。
好きなようにしてもらえばいいかなーと思ってます。

ちなみに、そのことを叔母に報告したら、驚いてました!ですよねー。

義母は水玉さんのために、寝巻きを作ってくださっているらしく、
とても、ありがたいです。どんな柄なのか、若干気になりますが(笑)
PR


Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
我慢  HOME  判明

Copyright © 苺大福物語 All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog
忍者ブログ・[PR]