忍者ブログ
ほにゃらと生きる私の育児日記。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
(11/01)
(10/30)
(10/29)
(10/24)
(10/21)
最新コメント
[10/31 しのりん]
[10/30 もてぃこワイフ]
[10/21 しのりん]
[10/21 もてぃこワイフ]
[09/30 しのりん]
プロフィール
HN:
しのりん
性別:
女性
自己紹介:
2009年3月に男児を出産。
手探りながらも育児を満喫中です。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



出産その2

そんなこんなで夕方過ぎ。相変わらず出血が続くのと、透明な液体がチョロチョロとでてくるので、看護婦さんに相談したところ、ナプキンを回収されました。段々、恥ずかしいことが減ってきたような気がします。

それからしばらくして。夕飯の時間。どうにも、こうにも食べる気がしなくて、一切手をつけずに、ベッドに転がっていたら、助産師さんが部屋にきました。なんと、子宮の上の方が破水しているとの事。こうなったらこのまま産むしかないので、頑張りましょう!と言われました。

えっ!?産むの?全然予想していなかったので、ビックリ!!どうやら、透明な液体は羊水だったみたいです。

このまま張り止めをしていても、羊水がなくなって、いずれ赤ちゃんが窒息死してしまうこと。36週にはいっているし、身体はもう出来上がっているから大丈夫。多少小さくても、大きく育ててあげれば大丈夫と説明されました。でも、私としてはずっと絶対安静にしていたから、体力に自信がまるでない事。普通分娩で産めるのか不安なことを正直に話しました。そうしたら、精一杯サポートするから、一緒に頑張りましょうって言葉と、今から体力作りの運動をするわけには行かないから、とにかく、そこの夕飯をちゃんと食べて力をつけましょうと心強いお言葉をいただき、頑張る決意をしました。

そして、夕飯を一口食べた瞬間、吐き気が襲ってきて、戻しちゃいました(泣)味からして、おにぎりも出ていったなこれ(汚くてすみません)こんなで出産出来るのかな?NICUが満床でたらい回しにされたらどうしよう?正産期にはいっていないし、小さかったら保育器かな?障害がでたら?などと、とめどない不安を抱きつつ、出産へむけて進むことになりました。

続く。
PR


Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
踏切  HOME  序章

Copyright © 苺大福物語 All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog
忍者ブログ・[PR]